結論

Tokyo City, Tokyo

日本の安全は9条が自衛隊に制限を与えているおかげで、今のところ安定を保っています。

日本に自衛隊があり、アメリカ軍の基地があることは、他の国が日本に対して敵意と恐怖心を持つ原因になり、日本の安全も脅かされてしまうかもしれません。自衛隊もアメリカ軍も信頼関係の上に成り立つ平和を築くことができないし、日本の安全も保証されません。

自衛隊の存在は合憲ではないにせよ、正式な軍隊になるよりも日本のためによいのです。不幸にも、自衛隊は政府の政策のために、合憲ではない活動にも参加させられています。

アメリカ軍の支援や自衛隊に頼るよりも、近隣諸国との関係をよりよいものにしていくことで、日本の安全は保証されます。

日本国憲法がアメリカに「押しつけられた」ものであるというだけで、何人かの人はこの憲法が好きではありません。しかし、だからといって国民の意見も聞かずに、政府に「押しつけられ」て、今の憲法を改正するべきではありません。

日本政府の9条改正を望む理由は、アメリカを支援したいからです。9条改正は、日本の自衛能力を強化することよりも、アメリカ軍にとってより都合のよいものにするだけです。

日本は、9条を変えることなく、もっとよい方法で、今世界で行われている戦争を終わらせることが出来ます。

9条を失うことは、100パーセント取り返しがつきません。一度9条を失ってしまうと、軍隊を使うことを妨ぐ方法はなくなり、人を殺すことが正当化されてしまうのです。

貧困で苦しんでいる人々や難民の命は、他の人々の命と変わらずに価値があります。そのことに気づけば、戦争によって問題を解決することは倫理的に正当と認められているかどうか、ということを考えるようになるでしょう。自分自身の国の防衛のために、他の人々を殺すことは、受け入れられることなのでしょうか。

9条を守る事は、日本だけの問題ではなく、世界の歴史にかかわる問題です。もし日本が9条を守り続けることを選んだら、他の国もそれに続きます。戦争を放棄することがあたりまえになった時、私達はいつか武器を手放し、核兵器を撤廃し、戦争を永久に終わらせることができます。

今、日本の国民が行動を起こす時です。日本は国民主権の国である、ということに私達一人一人が気づけるかどうかにかかっています。国民主権の国であり続けるという観点からも、戦争を避けなければならない。

9条が、もし世界の人々に理解してもらえず、特別な条項とでしかみなされなかったら、9条は今後生き残ることはできません。多くの人々や政府から、支持され広められなければなりません。

理想はかなえるものです。
今日、出来ることをしましょう。

憲法9条
大事だよ
議論
タイムライン
結論

HP サイトマップ トップ

セッティング
コメント 止める
映像 止める

コメント

*下の計算の答えを半角数字で入力して下さい*

11824 hits