憲法改正

何人かの国会議員は自衛隊の不当性を解決し、日本がアメリカ軍を支援できるように、憲法改正を提案している。これは9条を自然消滅させる狙いもある。

憲法改正には国民投票で各議員の総議員の3分の2以上の賛成が得られなければならない。どのように国民投票が行われるかについて定めた法律が可決された。

憲法改正手続は、96条で定められている。まず、憲法改正案は、「各議院の総議員の三分の二以上の賛成」により「国会」が発議する。この発議された憲法改正案を国民に提案し、国民の承認を経なければならない。この承認には、「特別の国民投票又は国会の定める選挙」の際に行われる投票において、その過半数の賛成を必要とする。この憲法改正案が、国民の承認を経た後、天皇は、国民の名で、この憲法と一体を成すものとして、直ちにこれを公布する。 この改正手続を定める国民投票法(正式名称・日本国憲法の改正手続に関する法律)が、2007年5月14日、可決・成立した。その他の論点については、憲法改正論議の項目を参照のこと。

憲法9条
大事だよ
++9条に違反
++憲法改正
++他の平和憲法
++自衛隊は合憲?

議論
タイムライン
結論

HP サイトマップ トップ

セッティング
コメント 止める
映像 止める

コメント

*下の計算の答えを半角数字で入力して下さい*

780 hits