日本とアメリカ

よいニュース!日本政府は、「日本の同盟国が敵から攻撃された場合、憲法9条により、その国を、軍事力を使って守ることができない。」としています。ようやく、憲法9条の正しい解釈を政府が理解してくれました。アメリカは日本の軍隊が制限を持っていることを十分理解し、日本の軍事的支援を期待して行動することはできません。よって、アメリカはリスクを冒して、他の国々を怒らせることはしないほうがいいです。アメリカの国家安全に対して、どのくらい日本は責任を負っているのでしょうか。非合法的に資源を奪うための戦争に、多く参加しているアメリカの軍隊を支援し、守り、保護している限り、日本はいったいどうやって国際平和に貢献できるのでしょうか。

Henoko, Okinawa

ある人が「日本に普通の国になってもらいたい。」と言っています。今日、不当な攻撃を否定し、平和を重んじる国々は「普通」の国とされています。国際問題を解決するために軍事力を利用するアメリカは例外です。アメリカの指示に従うよりも、日本は、平和を愛する普通の国として、アジア、ヨーロッパ、そして第3諸国の人達と協力し合うことができます。そして、未来のある時期において、日本は平和的な考えに満ちあふれたとても「素晴らしい」国家になっているでしょう。

憲法9条
議論
++改正の理由
++9条のおかげ
++変わったら
++国際協力
++国家の安全
++輸入された憲法
++日本とアメリカ
++世論調査

大事だよ
タイムライン
結論

HP サイトマップ トップ

セッティング
コメント 止める
映像 止める

コメント

*下の計算の答えを半角数字で入力して下さい*

8998 hits