もし憲法9条が変わったら

まず、近隣諸国との関係が変化します。近隣諸国はより日本に対して警戒心を持って接するようになるでしょう。日本の軍事力に備え、自国の軍事力をより強化する国もでてくるでしょう。最悪な場合、再び戦争が起こる可能性もでてきます。戦争が起こると、徴兵制度が再び復活し、私達は戦争に参加しなければならない時が来ます。政府の命令で人を殺さなければいけない時が来ます。いままでは憲法9条のおかげで、このような状況にはならなかったのに、憲法9条が改正されてしまった場合、その命令を受け入れなければならなくなります。

ひとたび戦争が起きれば、私達の生活は一変します。多くの人の命が奪われるのに加え、多くの資源や税金が戦争に使われます。例えば、戦車1台を1時間運転するには、乗用車で世界一周するのと同じエネルギーが使われます。戦闘機1台を1時間飛ばすには、乗用車なら世界2週できるエネルギーが使われます。環境にも非常に最悪なダメージを与えます。その一方で、憲法9条改正を望んでいた武器製造会社には、沢山のお金が入り、業績を上げるでしょう。社会福祉や教育、健康、国際援助、平和活動、環境問題に回す予算は大幅に減り、多くの財源は武器製造や、実践・演習用の軍艦や戦車の燃料供給へ回されます。

憲法9条
議論
++改正の理由
++9条のおかげ
++変わったら
++国際協力
++国家の安全
++輸入された憲法
++日本とアメリカ
++世論調査

大事だよ
タイムライン
結論

HP サイトマップ トップ

セッティング
コメント 止める
映像 止める

コメント

*下の計算の答えを半角数字で入力して下さい*

5960 hits